紫外線と乾燥からお肌を徹底的に守り抜く!

自然×科学 2つの融合から生まれたハイブリッドコスメ

ザ クレンジングバーム 150万個突破!

0120-557-020(通話料無料)

お買い物ガイド

カートを見る

咲丘恵美のビューティーレッスン vol.10

この時季の日中環境は美肌の大敵!あなたはお肌を守り切れる?

こんにちは、D.U.O.ディレクターの咲丘恵美です。
爽やかな季節が通り過ぎると、梅雨や強い日差しに悩まされる時季がやってきますね。
お肌も、紫外線や気温、エアコンなどの日中環境に想像以上のダメージを受けることに。
今回は、過酷なストレスからお肌を守る日中ケアについてお話ししましょう。

危険その1

シミ・シワ・たるみの原因「紫外線」は4~9月がピーク!

大人肌の3大悩み「シミ・シワ・たるみ」をつくる要因の約8割は2つの紫外線です。

紫外線A波(PA)

雲や窓ガラス、薄いカーテンさえも通過して肌深部にまで届き、コラーゲン組織を破壊、シワやたるみを引き起こします。曇りの日や室内でも油断禁物です。

紫外線B波(SPF)

室内には入ってきませんが、屋外で浴びると要注意。肌表面で日焼けによる炎症を起こした後、黒くなりシミをつくります。

A波B波ともに1年中降り注ぎますが、特に4~9月はピークです。
洋服や帽子でのガードも有効ですが、お顔は露出を避けられない部分。
地面や壁からの反射もあるので、とにかく365日しっかり日焼け止めを塗ることが最優先です。
そして、毎日塗るものだから、お肌に負担をかけないノンケミカル処方(紫外線散乱剤使用)のものをおすすめします。

危険その2

今の時季の肌は、意外にカラカラに乾いています!

汗ばんだりベタついたりする季節は、保湿や油分補給のスキンケアは抑え目という方が多いのではないでしょうか?でもこれは大きな間違い!汗を拭くと天然の保湿成分や肌に必要な皮脂まで拭き取り、肌はバリア機能を失って裸の状態に。屋外の気温上昇や紫外線は角質層の乾燥を引き起こし、室内でも1時間以上冷房をつけていると湿度は40%と真冬並みに低下。お肌はまさにカラカラのピンチなんです。
予想外に乾燥しがちなこれからの季節、汗やベタつきを勘違いして保湿ケアを怠ると肌の潤いバランスが崩れ、シミ・シワの原因をつくってしまうことに。そうならないために、お肌の角質層にしっかり潤いを巡らせて閉じ込める化粧水や乳液でのお手入れも必須です。

この時季のお肌を取り巻く日中環境は過酷です。大敵となる「紫外線」と「乾燥」から徹底的に守り抜くお手入れが、お肌の将来を左右します。

美肌の大敵「紫外線」と「乾燥」から肌を守り抜く、初夏のおすすめケア

ザ エッセンスEX

ザ エッセンスEX

濃縮配合した13種類ものエイジングケア成分が肌悩みの根本にアプローチして、バリア機能が低下した肌のバイタルを底上げします。隠れジミが紫外線に刺激されて表面に現れることもあるので、特に気になる部分には重ね付けを!

商品詳細はこちら

ザ ローションEX

ザ ローションEX

少しずつなじませながらつけるのがポイント。さらにコットンがヒタヒタになるくらい含ませてお肌に貼り、2~3分パックするのもおすすめです。肌の奥深くまで水分が届いて、外的ダメージから肌を守り、自ら潤うもっちり肌に!

商品詳細はこちら

ザ UVエマルジョン

ザ UVエマルジョン

ローションEXで水分補給した後は、日焼け止め機能を兼ね備えたUV美容乳液だけで日中ケア完了!日焼けを予防しながら、夕方までしっかり潤いをキープします。肌色を明るく見せ、なめらかに密着して化粧崩れを防ぐメイク下地としても使えます。

商品詳細はこちら


咲丘恵美のbeauty lesson バックナンバー

咲丘恵美のBeauty Talk beautylesson 番外編