たるみ(目元、フェイスライン) VOL.11

自然×科学 2つの融合から生まれたハイブリッドコスメ

ザ クレンジングバーム 150万個突破!

0120-557-020(通話料無料)

お買い物ガイド

カートを見る

BEAUTY LESSON 咲丘恵美の美肌レシピ

2012 11 -NOV- BeautyLesson vol.11 たるみ(目元、フェイスライン)

冬を迎える季節になりましたね。寒さが続くと、体全体が縮こまりがち。
体液の循環が滞り、お肌も衰えが起こりやすくなります。
実は「寒さ」はたるみの大敵。そんな時期こそぜひ「たるみケア」がお薦めです。今回はまず、たるみの原因と基本ケア、目元とフェイスラインのお薦めマッサージなどをご紹介します。肌年齢を左右する気になるたるみを改善して、生き生きとした日々をお過ごし下さいね。

原因

図

■真皮層(コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸など。肌のハリ・弾力を司る)
  の成分減少、弱体化。
■表情筋の衰え
■脂肪の減少・下垂
■代謝機能低下(余分な水分など老廃物がたまる)
■乾燥、ターンオーバーの乱れ

加齢や紫外線ダメージなどによる“真皮の衰え”だけでなく、お肌(角質・表皮・真皮)を 支える“皮下組織(筋肉と脂肪)”が衰えるとゆるみができて「シワ」になったり、重力で 下降し「たるみ」になります。
 

対策

■真皮ケア

年齢とともに不足しがちな、真皮の成分(コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸)が低分子で配合されているアイテムをお手入れに投入しましょう。また、それらの成分を生み出す細胞(繊維芽細胞)を活性化させる、成長因子(FGFなど)、リボースなどの成分が配合されているアイテムも有効です。

■保湿ケア、ターンオーバー促進ケア

保湿ケアをしっかり行い、ターンオーバー促進成分(レチノールなど)配合のアイテムを投入しましょう。

■マッサージケア

顔全体の血液循環やリンパの流れ滞らせないことが大切。小まめなマッサージで肌細胞に栄養を届かせ老廃物を排出し、基底膜を 強化しましょう。基底膜は適度なマッサージで刺激を与えることで、きれいな波型(正常)に整える効果があり、スムーズに細胞へ 栄養を受け渡し、老廃物を回収することができます。


■表情筋ケア

無表情でいると、お顔の筋肉は衰えてしまいます。
一番簡単なたるみ予防はズバリ、よく笑うことなのです。

目元

中指と薬指で、目の周りを円を 描くように優しくマッサージ。 目の下のたるみには、中指と 薬指で目の下を往復させます。 内側に指をスライドさせる時は 特にやさしく。

フェイスライン

マッサージを行う基本の指の形 はVサイン。人差し指と中指の腹 をフェイスラインにピッタリつけ 挟み込むようにして、顎下から 耳の付け根まで滑らせ数回往復 させます。老廃物も流れ、小顔効果 があります。

 
まとめ

咲丘恵美のbeauty lesson バックナンバー

咲丘恵美のBeauty Talk beautylesson 番外編