毛穴ケア VOL.5

自然×科学 2つの融合から生まれたハイブリッドコスメ

ザ クレンジングバーム 150万個突破!

0120-557-020(通話料無料)

お買い物ガイド

カートを見る

BEAUTY LESSON 咲丘恵美の美肌レシピ

2012 05-MAY-BeautyLesson vol.5 may 毛穴ケア

新緑が気持ち良い季節になりました。
5月はエアコンの乾燥などの外的刺激もなく、水分量も血流量も増加傾向で、お肌にとっても過ごしやすい「ゴールデンシーズン」です。ただし、皮脂が増加する夏に向け、毛穴の黒ずみが気になってくる季節でもあります。今回は毛穴ケアのご紹介です。見た目年齢の大敵・毛穴ケアをしっかり行いましょう。

黒ずみ毛穴の正体

皮脂の酸化

オイリー肌などの肌質に関係なく、鼻や額など皮脂腺が多い部位に現れやすい毛穴トラブル。 過剰な皮脂が毛穴に詰まり、表面が酸化することで黒くなっている状態です。

毛穴の角質メラニン

実は毛穴もお肌と同じ角質でできています。皮脂が過剰に分泌されると、皮脂の刺激から守るために毛穴上部の角質細胞が 厚くなります。皮脂を詰まらせるだけでなく、その不要な角質に紫外線や老化などの影響によって発生したメラニンが沈着 してしまったトラブルです。

対策

毛穴の中の皮脂や角質汚れをしっかり落とすケア

1)朝クレンジング
夏に向けて、寝ている間にも皮脂汚れは盛んに出ます。余分な汚れをため込まないために、朝もしっかり皮脂汚れを落としましょう。

2)クレンジングの二度使い
気になる部分は二度洗いがお薦めです。ただし、ゴシゴシ洗いは逆効果。お肌を傷めるだけでなく、毛穴の汚れを余計に押し込むことになります。
優しいタッチでなでるように行いましょう。

3)即席蒸しタオル
事前に、濡らしたタオルをレンジで温めた「即席蒸しタオル」が効果的です。高すぎる熱をのがしてから、お顔に1分ほどおいて下さい。
その後、クレンジングでマッサージをすると、頑固な毛穴の汚れがとれやすくなります。

4)強いピーリング剤や毛穴パックの使用は控えましょう。
肌に刺激が加わると、毛穴の角質を余計に厚くさせてしまいます。不要な角質だけ優しく毎日のケアで取り除きましょう。

お肌を柔らかくするケア

1)水分補給
水分補給水分が不足すると角質が固くなり、皮脂もスムーズに排出できなくなります。化粧水を大目に使ってたっぷり水分補給しましょう。

2)マッサージケア
固くなった皮脂が柔らかくなり、毛穴から溶け出しやすくなります。また、新陳代謝が良くなり、不要な角質がたまりにくいお肌になります。

美白・抗酸化ケア

皮脂の酸化とメラニン沈着を防ぐため、抗酸化成分と美白成分が配合されたアイテムを塗りましょう。
メラニン抑制・還元作用に加え、抗酸化作用、皮脂分泌調整作用もあるビタミンCが高濃度配合されたものがお薦めです。

エイジング毛穴には

毛穴が扁平に開いてしまうのは、年齢とともにお肌や毛穴の土台である真皮層が弱り、支えきれない状態です。

1) マッサージケアで血流を良くして、肌細胞に栄養を届かせやすい環境を整えましょう。

2) 真皮の成分である、低分子のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸や、それらを活性化させる成長因子配合の化粧品を使いましょう。 真皮層を強化します。

紫外線カット

毛穴の角質にメラニンが沈着してしまわないよう、日焼け止めなどのUVカットは忘れずに。

まとめ

咲丘恵美のbeauty lesson バックナンバー

咲丘恵美のBeauty Talk beautylesson 番外編