「顎ニキビの原因」と「今日から出来る対策法」

自然×科学 2つの融合から生まれたハイブリッドコスメ

ザ クレンジングバーム 150万個突破!

0120-557-020(通話料無料)

お買い物ガイド

カートを見る

「顎ニキビの原因」と「今日から出来る対策法」

「顎ニキビの原因」と「今日から出来る対策法」

20代以降、社会人になってから顎ニキビに悩まされる方は多いのではないでしょうか?

これはいわゆる「大人ニキビ」です。顎ニキビができる主な原因はストレスなどによるホルモンバランスの乱れですが、生活習慣などによるターンオーバーの乱れも密接に関わってくるといわれています。
他にも、日頃の何気ないクセが原因の一つでもありますので、今すぐにできる対処法をご紹介します。

顎ニキビが発生するメカニズム

■ホルモンバランスの乱れ
ストレスや睡眠不足、体の疲れ、月経周期、環境の変化などの影響で、ホルモンバランスは乱れてしまいます。
そのホルモンバランスの乱れは皮脂の分泌に影響を与えます。
皮脂分泌が過剰になると女性の顎周りの毛穴はあまり発達していないため、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができやすくなるでしょう。

また、女性は排卵日から次の生理日までは黄体ホルモンが多く分泌される傾向にあります。
黄体ホルモンは、皮脂の分泌を促す男性ホルモンと似た働きがあるため、この期間は特にニキビができやすくなってしまうのです。

■ターンオーバーの乱れ
ターンオーバーは皮膚の生まれ変わり(お肌の新陳代謝)のことで、約28日周期で新しい細胞と古い細胞が入れ替わります。
ターンオーバーのリズムは個人差があり、また年齢によっても変わってきますが、このリズムが乱れると、古い角質が溜まってしまい、毛穴が詰まりやすくなります。

すると、ニキビ菌が大活躍する結果となり、大人ニキビが形成されやすくなってしまうのです。

また、胃腸の疲れもターンオーバーの乱れを引き起こし、大人ニキビの原因につながる、といわれることがあります。
日本人の胃腸は、食の欧米化による肉類や油脂類の過剰摂取、不規則な生活習慣や暴飲暴食、ストレスによって胃腸に負担がかかりやすくなっています。

胃腸に負担やダメージがかかり、十分に働かなくなると消化不良が起き、栄養を十分に摂りこむことができなくなります。
それにより新陳代謝の低下や肌のターンオーバーの乱れが引き起こされ、ニキビができやすくなるのではないかといわれています。

■外部からの接触や刺激
さらに悪化させる要因が、雑菌がついた手で触る、髪があたる、などです。
繰り返される外部からの接触や刺激によって、細菌の繁殖を促してしまい、角質も固く厚くなって、なかなか治りにくい大人ニキビへと発展させてしまいます。

顎ニキビ対策法

顎ニキビ対策法

ホルモンバランスの乱れやターンオーバーの乱れによる顎ニキビには、生活習慣を見直して体の中からのケアが大切になってきます。
できるだけ生活リズムを一定にする、適度な運動などでストレスを発散する、栄養バランスのよい食事をすることが大切です。
リラックスできるように、アロマオイルを利用するのもお薦めです。ホルモンバランスを整えるのに役立ちます。

食事では、揚げ物や甘いものを好む場合はできるだけ控えてみましょう。
また、外食やコンビニなどのお弁当では野菜や海藻類、豆類が不足しがちです。
一品は自炊するなどして、食事にこれらの食材を摂りいれ、新陳代謝の良い身体づくりを心がけましょう。

日頃のクセも見直しましょう。アゴは無意識のうちに触ってしまう部位のため、意識して触れないように心掛けてください。

特に、頬杖をつくのをやめてみましょう。他にも、考える時、人と話す時、アゴを触るクセは無意識のうちに行っていることが多いため、ニキビが繰り返しできやすくなってしまいます。
まずは、できるだけこのクセをなくすことが大切です。

またスキンケアでは、ビタミンCやセラミドなどが配合されている化粧水やローションなどで肌を整えるサポートを行いましょう。
よく言われる「肌が乾燥してしまうと皮脂分泌が過剰になる」というのは間違いのため、化粧水で水分補給をした後は、乳液やクリームでの適度な油分保湿ケアをすることが大切です。
肌を柔軟に保ち、毛穴の角質が溜まるのを防いでくれます。
※膿のある炎症ニキビの部位は化粧品の使用は控えてください。

顎ニキビにお悩みの方は、まずはご自身の生活習慣で見直せる箇所がないか確認してみてください。
そしてストレスとならない範囲で顎ニキビ対策法を生活に取り入れていってくださいね。


こんな記事も読まれています

【美容コラム~女性のキレイをサポート~】一覧ページへ