[公式]クレンジングのD.U.O. 肌に優しいエイジングケア洗顔コスメ

自然×科学 2つの融合から生まれたハイブリッドコスメ

ザ クレンジングバーム 150万個突破!

0120-557-020(通話料無料)

お買い物ガイド

カートを見る

【秋の頬の乾燥】スキンケアのちょっとしたコツで未然に防げる!

【秋の頬の乾燥】スキンケアのちょっとしたコツで未然に防げる!

秋になると気温と湿度が下がり、発汗しにくくなるため、夏のようなベタつきを覚えることが少なくなります。
しかし、汗をかきにくくなるということは、天然のクリームである皮脂膜が形成されにくく、肌が乾燥へと傾きがちになるとも言えます。

さらに朝と夜の気温差によって、代謝の乱れが起こり、面積が大きくデリケートな頬は特に乾燥が気になることでしょう。
頬の乾燥はメイクでも隠しにくいため、日ごろのケアが大切になってきます。

秋のクレンジング

夏にウォータープルーフの日焼け止めなどを使っていると、メイクを落とす際に洗浄力の強いクレンジング剤が必要となりますね。
秋になり、夏ほど効果が高い日焼け止めを使っていないにもかかわらず、同じクレンジング剤を使っていると肌に負担となる場合があります。

乾燥が気になる秋は頬のためにも、洗浄力の強さだけで選んだクレンジングではなく、保湿力を重視したクレンジングへ変更しましょう。
美容保湿成分がたっぷり含まれたミルクやクリーム状のクレンジング剤は、洗顔時の乾燥を和らげることができ、潤いの整った素肌にリセットしてくれます。

また、なかなか見分けが難しいですが、洗浄成分(界面活性剤)の「種類」と「量」がマイルドなタイプがお薦めです。
石油系界面活性剤や合成香料、アルコールなどが含まれていないと、より肌に優しくなります。

化粧水で「水分の保持」をメインに

化粧水で「水分の保持」をメインに

洗顔料をしっかりと泡立てて、こすらないように洗顔し頬へのダメージを軽減したら、次に大切なのが化粧水です。
手のひらで温めながら、ゆっくりと頬へ浸透させます。
この際、気をつけたいのが「ただ水分を与える」だけに留まらないこと。
乾燥が気になる秋は、「水分の保持」を意識した化粧水選びが大切になってきます。

肌の角質層と呼ばれる部分には、水分を保持するセラミドが存在しています。
これにより、肌にうるおいが与えられ、外的ダメージを最小限に抑えることができ、乾燥肌に悩まされることも少なくなるでしょう。
しかし、アトピー肌の方など、乾燥があまりにもヒドイ場合は化粧水に多量に含まれた水がしみる場合があります。
その時は化粧水の使用を中止し、乳液やクリームだけで夜のお手入れは完了させてください。

また、気温差による代謝の乱れを改善するためには、マッサージがお薦めです。
肌すべりの良いマッサージ剤を使用して行いましょう。

マッサージの血行促進効果によって、代謝が整い、自ら潤う力を育みます。

日焼け止めは忘れずに

秋になると夏ほど強力な日焼け止めは必要なくなりますが、それでも紫外線対策は欠かせません。
なぜなら、日焼けの原因となる紫外線のUV-Bは減少しますが、肌の奥までダメージを与えるUV-Aはあまり減少しないからです。
特に9月や10月は、最大で真夏の70%ほどの紫外線量が降り注いでいると言われています。
日焼け止めのSPFやPAの数値は、SPF30、PA+++を目安に選びましょう。

肌の面積が大きい頬の負担を減らすのであれば、日焼け止めと化粧下地を別にするのではなく、日焼け止めに化粧下地効果があるものを選ぶのもオススメです。
また乾燥を促進させたくないのであれば、皮脂に近いオイルやセラミドなどの保湿成分が配合された製品が良いでしょう。

その他のメイク用品も保湿成分が配合されている製品の使用をオススメします。

これからやってくる冬にむけて、まずは秋に乾燥知らずの頬を作ることが重要です。
ぜひこれらのことを参考に、毎日のスキンケアを行ってくださいね。


こんな記事も読まれています

【美容コラム~女性のキレイをサポート~】一覧ページへ