毛穴は「角栓の詰まり」以外にも黒ずむ理由がある!

自然×科学 2つの融合から生まれたハイブリッドコスメ

ザ クレンジングバーム 150万個突破!

0120-557-020(通話料無料)

お買い物ガイド

カートを見る

毛穴は「角栓の詰まり」以外にも黒ずむ理由がある!

毛穴は「角栓の詰まり」以外にも黒ずむ理由がある!

女性の多くは、悩みの種である毛穴の黒ずみを「スッキリさせたい!」と日々取り組んでいます。
しかし毛穴の黒ずみのタイプごとに適切な毛穴ケアを行わないと、毛穴の黒ずみは改善されません。

ご自身の毛穴の黒ずみのタイプを見極めて、最適な毛穴ケアを行ってくださいね。

毛穴が黒ずむ3つの原因と対策方法

毛穴は「角栓の詰まり」以外にも黒ずむ理由がある!

毛穴が黒ずむ原因には、どのようなものがあるのでしょうか。
実際にご自身の毛穴の状態をチェックしてみてくださいね。

■汚れが詰まった毛穴の黒ずみ
過剰に分泌した皮脂、肌に残ったままの古い角質、落とせなかったメイクなどの汚れが毛穴に詰まり、 酸化することで毛穴が黒ずんで見えます。
もしくは、角栓によって毛穴が押し広げられて、そのによって毛穴が黒く見えることもあります。

鼻を触ってザラザラするような感じがあれば、このタイプに合った毛穴ケアを行うようにしましょう。
毎日クレンジングでメイクを落とすことはもちろん、時には水で濡らしたタオルを電子レンジで1分温め、蒸しタオルをのせて毛穴を柔らかくほぐすのもお薦めです。
その後、角質ケア機能のあるクレンジングやキメの細かい泡で肌に刺激とならないように洗顔してください。

クレンジング料や洗顔料、洗顔後のスキンケアで使用する製品は、毛穴の悩みに特化したスキンケア用品を選ぶのも良いでしょう。

また、スキンケアで保湿をしっかり行わないと肌が乾燥してしまいます。
水分・油分のモイスチャバランスが崩れることによっても、角栓ができやすくなってしまうため、 水分補給をメインに保湿ケアは念入りに行いましょう。
皮膚を酸化させないために、ポリフェノールなどを含む抗酸化作用のある食べ物を摂取したり、抗酸化成分の入った化粧品を使用することもお薦めです。

■メラニンにより毛穴が黒く見える
毛穴に角栓が詰まっていないのに、毛穴が黒ずんで見える場合は紫外線のダメージなどでメラニンが沈着してしまっている状態です。
鼻は皮脂腺が多いため、過剰な皮脂と日焼け止めなどの油分が馴染んでしまうことで日焼け止めが十分に働かなくなり、紫外線の影響を受けやすくなります
また紫外線以外にも、加齢やストレス、洗顔時の肌との摩擦などによる刺激といった原因も考えられるでしょう。

メラニンにより黒ずんで見える毛穴は、触ってもザラザラ感がないのが特徴です。

このタイプの毛穴黒ずみには、「正しい洗顔」と「美白」「ターンオーバーの正常化」などのスキンケアがポイント。
スキンケアでは、必ず、ビタミンC誘導体などの美白成分が配合されたアイテムを投入してください。
過剰なメラニンを抑制したり、メラニンを還元する効果があります。ビタミンA(レチノール)などのターンオーバー促進成分も有効です。

肌のターンオーバーが正常になることで、メラニンの排出を促すことができます。

そして、日中は余分な油をティッシュオフし、こまめに日焼け止めを塗り直してください。
日傘や帽子でUVカットをすることもお薦めです。

肌のターンオーバーは正常ならば約28日ですが、年齢を重ねるごとに長くかかりやすいため、すぐに効果を確認することはできません。
時間をかけてじっくりと毛穴ケアに取り組みましょう。

■うぶ毛で毛穴が黒ずんで見える
稀なことですが、うぶ毛が原因毛穴が黒ずんで見えると考えられます。
鼻などのうぶ毛は伸びにくいので、角栓の酸化やメラニンだと思っていたら、実は毛穴の中に埋もれている毛の色だった、というケースです。
うぶ毛の量太さによって、このようなことが起こります。

角栓除去やメラニンケアをしっかり行っていてもどうしても改善しない方は、鏡で一度毛穴を良く見てみましょう。
開いた毛穴に黒い点が見える、埋もれている毛が皮膚から透けて黒く見えるのが確認できたら黒ずみ対策として、うぶ毛処理を行うことが必要です。

このタイプの場合、毛穴の中にある毛が黒ずみの原因なので、「剃る」ことでは解決できず、毛根からうぶ毛処理を行う方法しかありません。
ただし、自分でうぶ毛を毛抜きなどで抜くのは大変危険です。
肌に強い刺激となってしまい、毛穴を広がらせる、皮脂分泌が過剰になる、毛根の色素細胞がより活発化して極度のメラニン沈着を発生させてしまう恐れがあります。

また、うぶ毛を剃ることを習慣にしている方は、度重なる刺激によって、毛穴を広がらせる上に、メラニンが多く作らせて、別のタイプの黒ずみも発生させてしまう…という悪循環に陥りがちです。
うぶ毛処理を行うには、皮膚科や美容外科のレーザー脱毛がお薦めですが、どうしても自己処理を行いたい方は、低刺激で肌に優しい除毛クリームを使う、など十分に注意してください。

毛穴の黒ずみは多くの女性が解消したい悩みです。
毛穴の黒ずみのタイプを見極めて、正しい毛穴ケアを行ってくださいね!


こんな記事も読まれています

【美容コラム~女性のキレイをサポート~】一覧ページへ