日焼けには2種類ある!? 自分に合った紫外線対策を!

自然×科学 2つの融合から生まれたハイブリッドコスメ

ザ クレンジングバーム 150万個突破!

0120-557-020(通話料無料)

お買い物ガイド

カートを見る

日焼けには2種類ある!? 自分に合った紫外線対策を!

日焼けには2種類ある!? 自分に合った紫外線対策を!

日焼けと一言で言っても、日焼けには大きく分けて2種類あることをご存知でしょうか。
日焼けの種類によって、肌への影響だけでなく重点を置くべきケア方法も異なってきます。

紫外線対策をしっかりしていても、うっかり日焼けしてしまう場合もあるでしょう。
うっかり日焼けして慌てないために、ケア方法を確認しておくことをオススメします。

肌が褐色になるサンタン

肌が褐色になるサンタン

サンタンと呼ばれる日焼けを引き起こすのは、主にUVAと言われる紫外線です。
痛みを覚えることなく、肌が褐色に近づいていきます。
肌が褐色となる原因はメラニン色素です。

メラニン色素は、メラニンキャップといって、細胞核の上に帽子のように並んで紫外線から守り、DNA損傷を防ぐ重要な働きがあります。
肌が褐色になるまでには個人差がありますが、UVAを浴びた直後から発生し、遅くともターンオーバーとともに消失するといわれています。

しかし、UVAによるメラニンの黒化は今あるシミ潜在的なシミを濃くする原因となるため、できることなら定着することを避けたいものです。
さらにUVAは肌の真皮層まで届くため、肌の内側にあるコラーゲンなどを変性させてシワなどを引き起こす恐れがあります。

痛みはないけれど、美容面からは出来ることなら避けたい日焼けと言えるでしょう。

ヤケドのようなサンバーン

痛みのないサンタンに対して、痛みを覚えるのがサンバーンです。
日焼けというよりも、非常に強い紫外線であるUVBの影響により、ヤケドに近い状態が肌に起こってしまっています。

表皮層の細胞が傷つき、根こそぎ死んでしまうこともあります。
これらの細胞はやがてかさぶたとなって剥がれ落ちますが、何らかの要因によって、特定部位のメラニン産生が亢進し続け、新たなシミの原因にもなる場合があるのです。

また、たびたびサンバーンとなることで、傷ついた遺伝子が修復されにくくなり皮膚ガンとなるリスクも高まってしまいます。
健康のためにも、こちらも出来るだけ避けたい日焼けと言えますね。

サンタンとサンバーン、日焼けの仕方に違いが生まれるワケは?

サンタンとサンバーン、日焼けの仕方に違いが生まれるワケは?

人によって日焼けをした時に肌が褐色になる、赤くなるといった違いが生まれるのは、遺伝で受け継がれたメラニンを作る能力の違いによって起こります。
メラニンを作る能力が高い場合は、肌が褐色になりやすく、メラニンを作る能力が低い場合は、赤くなりやすいのです。

過剰なメラニンはシミとなるリスクが高くなりますが、一方で肌が赤くなる方はメラニンを作る力が弱いため、DNAを守る力も弱く、紫外線の影響を受けやすいと言うことができます。

サンタンになった時は、肌のためにも1日1000mg~3000mgのビタミンCを摂るようにすると良いといわれています。
ビタミンCは柑橘類やパプリカ、ブロッコリーなどに含まれています。
十分に摂れない時は、サプリメントやドリンクなどで補うのもオススメです。

サンバーンになった時は冷たいシャワービニール袋に入れた氷で患部を冷やすようにしましょう。
そして、洗顔や保湿などはできるだけ刺激の少ないもので、肌を労わりながらケアするようにしてくださいね

どちらの日焼けも女性にとって大敵なことは変わりありません。
しっかりと日焼け止めで紫外線対策を行うとともに、普段から紫外線ダメージで乾燥しがちな肌をローションで鎮静&保湿ケアしてくださいね。


こんな記事も読まれています

【美容コラム~女性のキレイをサポート~】一覧ページへ