「たるみ毛穴」「つまり毛穴」ごとに【ケア方法の変更】が必須

自然×科学 2つの融合から生まれたハイブリッドコスメ

ザ クレンジングバーム 150万個突破!

0120-557-020(通話料無料)

お買い物ガイド

カートを見る

「たるみ毛穴」「つまり毛穴」ごとに【ケア方法の変更】が必須

「たるみ毛穴」「つまり毛穴」ごとに【ケア方法の変更】が必須

毛穴に悩む女性は多いですが、ご自身の毛穴のタイプをキチンと把握していますか?
たるみ毛穴」か「つまり毛穴」どちらなのかによって、ケア方法は異なります。

角栓が詰まることで目立ってしまう「つまり毛穴」なのか、真皮が衰えたことによる「たるみ毛穴」なのかを判別して、スキンケアを行うようにしましょう!

「つまり毛穴」対策は?

「つまり毛穴」対策は?

白いボツボツが気になる毛穴が、つまり毛穴です。
毛穴に角栓が詰まることで目立ってしまうつまり毛穴は、Tゾーンに多いのが特徴です。

この毛穴に詰まっている角栓の約70%は古い角質といわれています。
そのため、ホットタオルなどで角栓を溶かし出すことはできません。

摩擦や刺激は余計に角質を厚くさせてしまいますので、肌に負担を与えないように角質ケア機能のあるクレンジング剤や、ミルクまたは ジェルタイプのピーリング剤で、優しく角栓を取り除くようにしましょう。
また、毛穴を引き締める成分が配合されたものを選ぶこともオススメです。

さらに肌や毛穴が固くなると、角栓を取り除きにくくなってしまいます。
しっかり保水を心掛けるとともに、つまり毛穴ができやすい小鼻を優しくマッサージして、肌や毛穴をやわらかく保つことが大切です。

■小鼻マッサージ方法
1、両手の中指薬指を左右の小鼻にそれぞれのせます。
2、鼻を上下左右に優しく細かく動かしましょう。
3、回すように動かしましょう。

角質層にダメージとならないように、くれぐれも優しくマッサージを行いましょう。
刺激を与え過ぎるとこすりシミを招いてしまう恐れがあります。

「たるみ毛穴」には

「たるみ毛穴」には

頬の毛穴が目立つのは、たるみ毛穴が主な原因だと考えられます。
紫外線の影響や老化によって真皮層にあるコラーゲンやエラスチンが緩み、毛穴を支え切れなくなる場合があります。
この状態のままにしておくと、頬全体がたるんで、深いほうれい線ができるなどエイジングを加速させる恐れもあるので注意しましょう。

たるみ毛穴の場合は、不足しがちな成分を与えるケアを重点に置いて下さいね。
ビタミンCはコラーゲンを作り出すのに欠かせない成分です。
体の内側からだけでなく、外側からもビタミンCを与えてみてはいかがでしょうか。
ビタミンCがスキンケア用品に配合されているものには、ビタミンC配合(表示名称:アスコルビン酸)という記載の他に、ビタミンCエチル(表示名称:3-O-エチルアスコルビン酸)などのビタミンC誘導体といった名称で 記載されているものがあります。

また、肌のたるみによっても、たるみ毛穴は引き起こされます。
肌のたるみの原因の1つには表情筋が凝ることで、リンパや血液の流れが悪くなっている可能性があります。
表情筋をマッサージでほぐすことから始めましょう。

■表情筋マッサージ
1、マッサージ料やクリームなど指先が滑るようなアイテムを塗布します。
2、鼻の横からこめかみに向かって、親指以外の4本の指で伸ばすように押していきます。
3、頬骨に4本の指をのせ、アゴを引きつつ上へ押します
4、アゴを戻し目線を下げるようにして、こめかみを4本の指で押し上げます
5、4本の指を両頬からこめかみへと、円を描くように滑らせます。

表情筋のマッサージが行えたら、リンパの流れを促しましょう。

■リンパマッサージ
1、中指薬指の腹で、アゴ→耳の下口角→耳頬骨→こめかみの順でクルクルとマッサージします。
2、同じ指で耳の下→鎖骨へ流すようにマッサージします。(左右3回)
3、鎖骨→脇の下へと同じようにマッサージします。

このような優しいマッサージにスキンケアをプラスして毛穴対策をしっかりと行っていきましょう!


こんな記事も読まれています

【美容コラム~女性のキレイをサポート~】一覧ページへ