湿度が高い梅雨こそ、乾燥対策に力を入れたスキンケアを!

自然×科学 2つの融合から生まれたハイブリッドコスメ

ザ クレンジングバーム 150万個突破!

0120-557-020(通話料無料)

お買い物ガイド

カートを見る

湿度が高い梅雨こそ、乾燥対策に力を入れたスキンケアを!

夏の紫外線恐怖は【首のたるみ&シワ】にも!?

梅雨は雨や曇りの日が多いだけでなく雨で湿度も高いから、肌が乾燥しにくい季節だと感じていませんか。

そんな安心感から乾燥対策を怠ってしまうと、肌の調子は一気に崩れてしまいます。
梅雨の時期だからこそ、乾燥対策に力を入れたスキンケアが重要になってくるのです。

梅雨は湿度が高すぎる!

梅雨は湿度が高すぎる!

肌にとって理想と言われている湿度は60%~65%ですが、雨の日の湿度はこれ以上となり、汗が肌から蒸発せずに留まりやすくなり肌がベタつきやすくなります。

また室内や車内では、エアコンを使い始める時期です。
これらの影響で肌は乾燥しやすくなり、肌をこれ以上乾燥させまいと皮脂の分泌が盛んになる季節でもあります。
そのため、汗だけでなく皮脂によっても肌はテカリやすくなってしまいます。
特にTゾーンは皮脂の分泌が多いために、テカリが目立ちやすくなります。

冷房で温度を下げ過ぎず、除湿機能を使い湿度をコントロールするようにしましょう。

クレンジングは念入りに

皮膚の常在菌は湿度が高くなることで、過剰に繁殖しやすくなります。

特に一日中外にいた日などは、異常増殖した細菌を肌から落とすためにも、クレンジングをしっかりと行って下さいね。

ただ、肌に刺激となるクレンジング剤を使うと肌の乾燥を加速させてしまう恐れがあります。
洗顔の回数を減らすことで肌への負担を少なくできるW洗顔不要なもの、肌への優しさを考えて成分が配合されたクレンジング剤を選ぶようにしましょう。

肌にうるおいを!

クレンジングは念入りに

梅雨の時期は、曇りや雨の日が多く紫外線対策をつい怠ってしまいがちです。

また冷房などに肌がさらされることで、知らず知らずのうちに肌の内側までが乾燥している方は多いです。
そのためスキンケアは化粧水だけで済ますことがないようにしましょう
スキンケアを化粧水だけで済ませてしまうと、肌の水分はより逃げやすくなってしまう場合があります。
化粧水は肌を優しく包むようになじませて、しっかりと潤いを与えましょう。

肌がベタつくのがイヤであれば、肌に馴染みのよい乳液(またはクリーム)で、最後に余分な油分をそっとティッシュでおさえましょう。
また、梅雨でイライラした気分を鎮静させてくれるシトラス系の香りや、リラックスさせてくれるローズ系の香りなどが配合されているものを選ぶことをオススメします。

このようなスキンケアをしっかりと行うことで肌がしっかりと保湿され、炎症や温度差による肌の不調を起こしにくくなります。
雨や曇りの日が多い梅雨だから、湿度が高いから、と油断せずにしっかりとスキンケアを行ってくださいね。


こんな記事も読まれています

【美容コラム~女性のキレイをサポート~】一覧ページへ