夏の紫外線恐怖は【首のたるみ&シワ】にも!?

自然×科学 2つの融合から生まれたハイブリッドコスメ

ザ クレンジングバーム 150万個突破!

0120-557-020(通話料無料)

お買い物ガイド

カートを見る

夏の紫外線恐怖は【首のたるみ&シワ】にも!?

夏の紫外線恐怖は【首のたるみ&シワ】にも!?

首のたるみやシワは、女性の見た目年齢を大きく左右するパーツです。
顔にできてしまったシミはメイクで隠すこともできますが、首のたるみやシワはメイクで隠すわけにもいきません。

これから夏本番を迎えるにあたって、首のUV対策は必須です!

もともと首はシワができやすい!

もともと首はシワができやすい!

首は皮膚が薄いだけでなく、皮膚の下に頚椎(けいつい)や甲状腺があることで、もともと凸凹しているパーツです。
そのため、シワができやすい場所と言えます。

さらに紫外線対策を怠りがちな首は、紫外線のダメージを受けやすいパーツです。
紫外線により真皮層のコラーゲン繊維などがダメージを受け、同時に、肌の乾燥が促されて水分を失い肌のハリやモチモチ感が失われます。
こういったことから、首のたるみシワが引き起こされてしまうのです。

顔と違い常に外的な刺激を受けている首に、シワやたるみをできるだけ作らないためにも、今日からのUV対策が必要になってきます。

UV対策の基本【日焼け止め】

UV対策の基本【日焼け止め】

顔に日焼け止めを塗るときは、一緒に首にも日焼け止めを塗るようにしましょう。
帽子や日傘を使っていても、地面や建物からの紫外線の照り返しを完璧に防ぐことはできません
ファンデーションに覆われる顔よりも、より意識して日焼け止めを塗ることが大切です。

首は汗腺が多いため、汗をかきやすいパーツでもあります。
汗で日焼け止めが流れてしまったと感じたら、小まめに塗り直すようにしましょう。

成分チェックも忘れずに!

普段日焼け止めに配合されている成分をチェックしてから購入していますか?

例えば、紫外線吸収剤は多くの日焼け止めに配合されていますが、アレルギーを起こす可能性が高く、肌荒れや肌の水分を蒸発させて乾燥を招く恐れがあるといわれている成分です。
さらに、パラベン合成香料合成着色料といった成分が配合されていない日焼け止めを選ぶことで、肌を不必要な刺激から遠ざけることができます。

このような成分が配合されていない日焼け止めを選ぶことも、首のたるみやシワ対策として大切なポイントです。

一方で、日焼け止めを塗る前は、首にも顔と同じスキンケアを行うことをお薦めします。
特に濃厚なエイジングケア成分が配合された美容液高機能クリームで、真皮層を強化し、保湿力を高めて、肌のバリア機能を正常な状態へ近づけましょう。
肌本来が持つ肌を守る機能を働かせることで、紫外線の影響を最小限にすることができますよ。

紫外線が強い季節は、顔だけでなく首周りのUV対策をしっかりと行って下さいね。


こんな記事も読まれています

【美容コラム~女性のキレイをサポート~】一覧ページへ