要注意! 意外と知らない【正しい洗顔法】

自然×科学 2つの融合から生まれたハイブリッドコスメ

ザ クレンジングバーム 150万個突破!

0120-557-020(通話料無料)

お買い物ガイド

カートを見る

要注意! 意外と知らない【正しい洗顔法】

要注意! 意外と知らない【正しい洗顔法】

美肌を目指すなら、スキンケアに気をつけることも大切ですが、同じくらい大切になってくるのが洗顔です。

しかし、間違った洗顔方法をしていては逆に肌にダメージになってしまいます。
正しい洗顔方法を知ることで、スキンケア製品に含まれている美容成分もよりパワーを発揮してくれるようになるでしょう。

間違った洗顔は肌をボロボロに…

間違った洗顔方法を続けていると、肌に必要な成分や皮脂までを洗い流してしまう恐れがあります。
それにより乾燥肌となり、肌トラブルが起きる原因ともなりかねません。

洗顔は肌にとって余計なものである「酸化した皮脂」や「クレンジングで落としきれなかったメイク」、「ホコリなどの汚れ」を取り除くもの、と覚えておきましょう。

正しい洗顔方法とは?

美肌に導くためにも、正しい洗顔方法を毎日行えるようになりましょう。

■洗顔前に手を洗う
洗顔を行う前には、洗顔料がよく泡立つように手を洗うことが大切です。
またニキビでお悩みの方は、菌を繁殖させないためにもしっかりと手洗いを行って下さいね。

要注意! 意外と知らない【正しい洗顔法】

■洗顔前の顔の素洗い
洗顔料を泡立てて洗顔する前に、水で落とせる顔についたホコリなどを素洗いで落としておきます
素洗いする時は、ちょっと冷たいと感じる32~34度くらいのぬるま湯を使いましょう。
素洗いをすることで、洗顔料を必要以上肌にのせなくて済みます

要注意! 意外と知らない【正しい洗顔法】

■洗顔料を泡立てる
正しい洗顔方法を行うなら、洗顔料をしっかりと泡立てることが欠かせません。
洗顔料を泡立てる際には、細かい泡多く作るようにしましょう。
そうすることで、毛穴の奥にある汚れもかきだしてくれます。

まずは、洗顔料を利き手ではない方の手のひらにのせます。
そして水を少し足しながら、利き手の指3本で混ぜるように泡立てていきます。
もし、上手に泡立てられないと感じる場合は「泡立てネットを使用する」もしくは「洗顔料が泡で出てくるタイプのものを使用する」ようにしましょう。

■皮脂の多い部分から洗顔料をのせる
洗顔料をのせる順番は皮脂の分泌が多い、アゴといった部分を最初にしましょう。
そして指が肌にふれないように泡をクッションにして、優しくクルクルと泡を滑らせてください。
乾燥してしまいがちな、目元や口元は泡をのせるだけで大丈夫です。
泡が勝手に汚れを吸着してくれます。
ただし洗浄成分を長い時間、肌にのせているとダメージとなってしまう場合があります。
手早くかつ丁寧に洗顔するようにしましょう。

■すすぎは20回以上
すすぎで気をつけることは、洗顔料を肌に残さないことです。
洗顔料が肌に残ることで、ニキビや肌荒れの原因になります。
すすぐ時の水の温度は32~34度を目安にして、回数は20回以上を心がけましょう。

要注意! 意外と知らない【正しい洗顔法】

■タオルは当てるように
顔を十分にすすいだら、清潔なタオルで顔の水分を取り除きましょう。
ゴシゴシとこするのではなく、タオルを顔に当てるようにすることで肌に負担をかけなくて済みます。
このような洗顔を毎日行えていますか?
ぜひ毎日の洗顔を見直して、洗顔から肌をキレイにしていきましょう!


こんな記事も読まれています

【美容コラム~女性のキレイをサポート~】一覧ページへ