紫外線に負けない!肌を守る美白対策

自然×科学 2つの融合から生まれたハイブリッドコスメ

ザ クレンジングバーム 150万個突破!

0120-557-020(通話料無料)

お買い物ガイド

カートを見る

紫外線に負けない!肌を守る美白対策

紫外線に負けない!肌を守る美白対策

夏は、1年で最も肌に気を使う季節です。
夏の紫外線は直接的な被害が大きく、日焼けをしてしまい化粧が出来ない・ファンデーションの色が合わなくなるなど、日常生活に支障をきたしてしまうことが多々ありますよね。
そんな夏の紫外線に打ち勝ち、美白を保つにはどんな対策を行えばいいのでしょうか?

今回は、紫外線から肌を守る美白対策を紹介します。

美白を守る紫外線対策

紫外線に負けない!肌を守る美白対策

夏の紫外線は、日焼けを引き起こしてしまうだけではありません。
光老化(シミ・シワ・たるみ)はもちろん、紫外線による強い刺激が角質層や肌表面の機能を崩すと、ニキビ・吹き出物・乾燥肌・脂質肌を引き起こしてしまいます。
手ごわい紫外線に勝つには徹底した抜かりない紫外線対策が必須。
早速、肌を守る紫外線対策を紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

外出する時間帯 紫外線は、1日中同じ量が降り注いでいる訳ではありません。
紫外線が1日の中で最も降り注ぐのは午前10時~午後2時の間で、1日の紫外線量の半分がこの時間帯に降り注いでいます。
この時間帯の日光をあまり浴びないように心がけ、外出時は日陰を歩く、この時間帯は室内で過ごすようにするなど、できるだけ直接日差しを浴びないことを徹底して下さい。
「気づいたら日焼けしていた」「身に覚えのない日焼けがある」という場合、この時間帯に浴びている紫外線が原因している場合が多いです。

日傘、帽子、サングラス外出時は、できるだけ日傘、帽子、サングラスの着用をしましょう。
紫外線と素肌の間にワンクッション置くだけで、被害を最小限に抑えることができます。
また、夏場でも薄手のカーディガンなどを羽織っておくと、日焼けをしやすい腕に日差しが直接当たることを防いでくれるのでお勧めです。

日焼け止めを有効活用 紫外線対策として最も欠かせないのが日焼け止めの使用です。
紫外線は乱反射する性質があるので、日傘をしていても室内にいても、必ず日焼け止めを使い、正しい使用方法で紫外線をブロックしましょう。
日焼け止めには、効果の高さの目安となる「SPF」「PA」などの値が記載されています。

SPFはシミやソバカス・皮膚ガンの原因となる紫外線 B 波( UVB )をカットする力を示し、PAはシワやたるみの原因となる紫外線 A 波( UVA )の防止効果を示したものです。
日常生活であれば、SPFは30、PA+++程度の数値のもので十分です。
肌に負担が少なくて高い紫外線予防効果のあるものを選ぶようにして下さい。

・朝のスキンケアの最後に塗る
・塗り忘れのないように、日差しの当たりやすい顔と腕は重点的に
・首や耳、二の腕など日差しが当たらないと思われがちなところも忘れずに

上記のことを意識して、ムラ無く丁寧に伸ばすようにしましょう。
また、汗や皮脂などで落ちてしまうことが多いので、こまめな塗り直しが鉄則です。

ローション、化粧水パック 日焼けをしてしまった肌にも紫外線予防にもお勧めなのが、ローションや化粧水を使ったコットンパック。
コットンに普段使っている化粧水を染み込ませ、額・鼻・頬・顎など、顔全体にペタペタと貼るだけです。

意外と知られていませんが、潤い不足はくすみやシミにつながります。
普段の化粧水ケアを行った後に、2~3分程度コットンパックするだけで、肌に充分な潤いを与えてくれ、美白ケアに役立つのです。

また、日焼けによる肌荒れの鎮静や、日焼けになってしまう前に肌を保護することが出来るでしょう。
夏の肌は乾燥しやすく、特に洗顔後は十分な水分補給を行う必要があります。
サラサラとして浸透しやすく、パシャパシャとたくさん使えるような化粧水がお薦めです。

肌を守るには、1日も欠かさず紫外線対策を行うことが大切です。
紫外線の影響を受けないためにも、徹底したケアを行いましょう。


こんな記事も読まれています

【美容コラム~女性のキレイをサポート~】一覧ページへ