見逃しがち!毛穴と紫外線の深い関係

自然×科学 2つの融合から生まれたハイブリッドコスメ

ザ クレンジングバーム 150万個突破!

0120-557-020(通話料無料)

お買い物ガイド

カートを見る

見逃しがち!毛穴と紫外線の深い関係

見逃しがち!毛穴と紫外線の深い関係

紫外線は、シミやそばかすの原因になることで有名です。
肌に悪い影響を与えるので、紫外線対策を行っている女性も多いでしょう。
では、紫外線が原因で毛穴トラブルを招いてしまうことはご存知でしたか?

今回は、毛穴と紫外線の深い関係についてお話します。

紫外線=太陽というわけではない?

見逃しがち!毛穴と紫外線の深い関係

太陽の光と紫外線は直接的なイメージを持たれがちで、日差しの強い日は紫外線対策をと思われている方も多くいらっしゃいます。
その捉え方は間違っていないのですが、紫外線は日差しが照っていない日にも降り注いでいるのです。

実際、紫外線が最も多くなる季節は4月~8月で、中でも5、6月は年間を通して紫外線が最も強くなります。
暑い7月~9月までが紫外線対策のピークと思われがちですが、春から対策を行わないと紫外線予防を徹底することは出来ないのです。
この時期に蓄積されてしまった紫外線は潜在的に肌に蓄積し、多くの肌トラブルを招いてしまいます。

毛穴は常に紫外線と戦っている!

見逃しがち!毛穴と紫外線の深い関係

では、紫外線と毛穴にはどのような繋がりがあるのでしょうか?
紫外線が原因で起きてしまう毛穴トラブルをいくつか紹介します。
ぜひ参考になさってください。

毛穴の開き 紫外線は、皮脂の酸化を促す影響があります。
そして酸化が進んでしまうと過酸化脂質へと変化し、ターンオーバーのバランスを乱す原因となってしまうのです。

毛穴周辺のターンオーバーが乱れてしまうと角化が過剰に進み、角質肥厚(かくしつひこう)を起こして毛穴周辺が盛り上がった状態になり、毛穴の開きを招いてしまいます。
毛穴の開きは頬や鼻によく見られますが、日が当たりやすい部位は紫外線の影響を受けやすく、日常的に紫外線を浴びてしまうので修復が遅れ、気づいたら改善出来ない状態に…という事態を招いてしまうのです。
また、紫外線は肌のバリア機能を低下させてしまうので、乾燥が進み毛穴の開きが悪化してしまうことも大きな原因と言えるでしょう。

たるみ毛穴が涙型状に繋がる 毛穴が涙型状に繋がるとは、たるみ肌と乾燥肌が進行し連結してシワのようになった状態のこと。
鼻の脇から頬にかけて現れやすく、老け顔の原因にもなります。

紫外線は真皮層にも到達し、コラーゲンやエラスチンを変性させる上、繊維芽細胞を劣化させて新しいコラーゲンの合成を低下させてしまいます。
また、紫外線は肌内の乾燥も引き起こすので、皮膚の代謝機能の低下や古い角質を溜める状態を招いてしまうのです。
この悪循環は毛穴と直に関係し、毛穴の繋がった状態を作ってしまい帯状毛穴を引き起こしてしまいます。

黒ずみ 毛穴も皮膚の他の部位と同じ角化細胞でできていることをご存知でしょうか?
お肌のシミ(過剰なメラニン)と同じことが毛穴でも起こります。

毛穴の黒ずみには二種類あり、一つは角質の酸化。二つ目はメラニン。意外と知られていないのが、メラニンによる毛穴の黒ずみです。
紫外線に当たると、メラニンガ過剰に作られる上、ターンオーバーが滞り、メラニンがスムーズに分解・排出できなくなって色素が定着。毛穴の黒ずみとしてお肌に残ってしまうのです。
角栓が酸化して黒くなってしまう黒ずみと違い、メラニン色素が沈着して黒ずみを招いてしまう場合は洗顔・ピーリング等のスキンケア方法だけで消すことが出来ません

触ってもデコボコしていないのに黒ずんでいる、ケアを行っているのに黒ずみが消えないという方は、角栓毛穴ではなく「メラニン毛穴」になってしまっている可能性があります。

意外と知らない紫外線と毛穴の関係は、シミ・そばかすと同じくらい重要視しなければならない問題です。
特に黒ずみは「色素沈着」をしてしまうので改善が困難を極めます。

日頃の紫外線対策が毛穴トラブルを回避する最善策の一つなので、ぜひ意識してスキンケアに取り入れてみてください。


こんな記事も読まれています

【美容コラム~女性のキレイをサポート~】一覧ページへ