Tゾーンのテカリを防ぐにはどうすればいいの?

自然×科学 2つの融合から生まれたハイブリッドコスメ

ザ クレンジングバーム 150万個突破!

0120-557-020(通話料無料)

お買い物ガイド

カートを見る

Tゾーンのテカリを防ぐにはどうすればいいの?

Tゾーンのテカリを防ぐにはどうすればいいの?

テカリやすい部位として知られる「Tゾーン」とは、額、鼻、アゴ先を繋ぐT字型の領域のことです。
この範囲には他の部分に比べて分泌される皮脂量が多く、そのため化粧崩れが起こりやすく、テカリが現れやすくなります。

気温が上昇すればより皮脂量も増えてテカリがちになりますので、出来れば春から対策を始められるといいでしょう。

対策はまず原因を知る所から始まります

対策はまず原因を知る所から始まります

皮脂分泌が過多になってしまうのが「テカリ」の原因ですが、これに対応するにはまず「なぜ皮脂分泌が過多になるのか」を知る必要があります。
理由がわかれば、どのような対策が有効なのか、どんな手法が望ましいのかが見えてくるはずです。

皮脂の分泌量が増加する原因のひとつは、水分不足による乾燥です。
肌は乾燥した時、水分の放出を防ぐために皮脂量を増加させるのですが、その乾燥を促進させる大きな要素が「洗いすぎ」「塗りすぎ」「取りすぎ」の3つだと言われています。

過剰な洗顔は必要な成分までも根こそぎ奪ってしまい、乾燥を招きます。
また、過剰な化粧、油分の多い化粧は毛穴づまりの原因となり、皮脂バランスを崩すでしょう。
見た目のテカリに対処しようとアブラ取りをし過ぎれば、肌表面の保水力が低下してより一層の皮脂分泌に繋がりかねません。

Tゾーンのテカリ対策はどのようにすればいいのか

Tゾーンのテカリ対策はどのようにすればいいのか

根本的な解決には、原因となる要素の見直しが最も重要な取り組みとなります。

洗顔方法の改善
・洗顔料はしっかり泡立てて、手が直接肌に触れないように泡で洗う
・使用するお湯は32℃から34℃までの「ぬるま湯」
・泡を洗い残さないようにきっちり流す

※温度の高いお湯を使ったり、洗顔料が肌に残っていたりすると炎症など無用なトラブルの原因となる可能性があります。注意して下さい。

保湿の見直し
・保水成分を重視して化粧水を選びましょう
・化粧水でたっぷりと水分補給した後には、適度に油分を補い、蓋をするアイテムを使いましょう
・クリームや乳液を塗る時は、顔のパーツによって皮脂の分泌量が異なりますので部位ごとに量を調節しましょう

※基礎化粧品を塗布する時は、血行を促進するように中心から外側に向かって塗りましょう。

ただし、眼の周辺に関しては異なる流れとなります。
上瞼は内から外、下瞼は外から内の流れで動かします。
筋肉の流れに逆らわないように注意して下さい。

メイク用品の見直し
・リキッドタイプ、クリームタイプのファンデーションは避けること
※油分が多いファンデーションは毛穴をふさいでしまう可能性もあります。
さらりとした仕上がりのパウダータイプを選ぶといいでしょう。

このほかにも、食生活の面で出来る工夫もあります。
揚げものや甘いものを控えたり、夕飯を早めに終わらせるなどの方法が皮脂分泌量の抑制や体質改善に役立つはずです。
健康にも期待を持てる取り組みですので。
ぜひ様々な面からTゾーンのテカリ対策を試してみてはいかがでしょうか?


こんな記事も読まれています

【美容コラム~女性のキレイをサポート~】一覧ページへ