花粉バリア!春のスキンケアテクニック

自然×科学 2つの融合から生まれたハイブリッドコスメ

ザ クレンジングバーム 150万個突破!

0120-557-020(通話料無料)

お買い物ガイド

カートを見る

花粉バリア!春のスキンケアテクニック

花粉バリア!春のスキンケアテクニック

過ごしやすく、気分も明るくなる春。
しかし、花粉症の人にとっては年間を通して最も辛い季節になっているかもしれません。
ところで、花粉症は肌荒れの原因にもなってしまうことはご存知ですか?

今回は、花粉による肌荒れを防ぐ春のスキンケアテクニックについて紹介します。

花粉症の症状には肌荒れもある

花粉症の症状には肌荒れもある

花粉症の症状として代表的なのは、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目の痒みなど、粘膜に出る症状ですよね。
しかし、花粉症の症状には、「肌荒れ」も含まれているんです。
花粉が皮膚に付着し、赤みやヒリヒリとした痛みを感じたり、鼻をかんだり目を掻いたりしても皮膚を傷つけてしまい、炎症を起こしてしまうこともあります。
炎症は、メラニンを多く作ってしまい、シミが増える原因にもなってしまいます。

毎日手やティッシュでこすられ、花粉や肌ストレスに晒され続けた肌はバリア機能が低下し、ターンオーバーも乱れてしまうので、肌荒れが治りにくくなってしまうのです。

スキンケアで花粉対策!

スキンケアで花粉対策!

症状を軽減させるために薬を服用していたとしても、シーズン丸々症状を無くすことは難しいでしょう。
私たちが対策としてできることは、花粉症に負けない肌を作ること。
早速、花粉症対策になるスキンケア方法を紹介します。

洗顔 洗顔を行う時は、人肌程度のぬるま湯で洗顔しましょう。
熱いお湯はバリアを傷つけ乾燥を早め、冷たい水は肌を刺激し、汚れがキレイに落ちません。
洗顔料はスクラブ入り、ピーリング系のものは絶対に避けてください。
バリア機能を低下させ、かえって肌荒れを悪化させてしまいます。

洗顔料はよく泡立て、手のひらではなく泡で顔を洗うように優しく包むように洗いましょう。
既に荒れてしまっている部分には泡を付けるだけで洗わないようにしてください。

クレンジング 帰宅後、すぐに化粧を落とすことをお勧めします。
花粉をキャッチしてしまったメイクは、放置しておくと肌荒れを招き、花粉症の症状も悪化させてしまいます。
帰宅後そのまま洗面所に行き、メイクを落としてください。

また、クレンジング剤はできるだけ肌に優しく、短時間でもしっかりと化粧が落ちるものがお勧めです。
洗浄力と肌に優しい成分で作られている、化粧落としを選び、力を加えず優しく落としましょう。
洗顔・クレンジングを長時間行うこともお肌の負担になりますので、なるべく短時間で落とすことを心掛けでください。

洗顔後のケア 花粉症対策で最も大切なのは保湿です。
保湿をして肌に潤いを閉じ込め、乾燥させないことでパサパサ・カサカサな肌荒れを防ぎます。
洗顔後、15分以内に化粧水をたっぷりと浸透させ、保湿の出来る低刺激なクリームなどで肌の表面にフタをしましょう。
化粧水はサラサラとしていて肌に浸透しやすく低刺激なもの、クリームは着け心地がべたべたせず伸びの良いものがお勧めです。
既にひどい肌荒れを起こしてしまい、化粧水は肌に染みて痛いという方は肌触りのやわらかいクリームのみで対応してください。
肌のバリアを強化することにも繋がり、肌荒れからニキビや色素沈着ができてしまうのを防ぎます。

ベタ付きを防ぐ 湯煎した餅にきな粉がべったりとつくように、肌の表面がベタついているとたくさんの花粉をキャッチしてしまいます。
スキンケア後のメイクでは、ルースパウダーを取り入れたり、サラリとしている薄付きのパウダリーファンデーションを使うと花粉が付着しにくくなります。
スキンケアの最後には、余計な油分を優しくティッシュでオフするのもお勧めです。

花粉症シーズンは、一瞬では終わりません。
根気強く毎日のスキンケアを徹底し、対策を行ってください。


こんな記事も読まれています

【美容コラム~女性のキレイをサポート~】一覧ページへ